ばね指の症例➀「仕事に集中できないほどの痛み」

患者様

40代 男性 デスクワーク

症状

デスクワーク中に指を動かしづらくなり、日に日に痛みが強くなってきたので心配になりインターネットで調べたところばね指症状と検索に引っかかりご来院された。

主訴

指の痛み

指の動きが悪い

指が動かしづらい

指が痛い

症状改善後の目標

デスクワークの時に痛みがなく動かしやすくなりたい

趣味の釣りを楽しみたい

施術内容と経過

初回施術

ばね指は指の屈筋軍に原因が多くあります。

指の筋肉の使い過ぎにより腱を覆って支えている腱鞘が腫れてしまい、腱の滑りが悪くなり痛みが出ます。

そこで、指の周りだけでなく腕周りのトリガーポイント療法や鍼の施術を行いました。

1回の施術でPSは10だったのが半分まで落ちました。

ばね指はとにかく固定が大事になるため、最後にテーピングをしました。

2回目

2回目もトリガーポイントと鍼の施術を受けました。

PS3まで落ち日常生活が楽になりました。

 

3回目以降

3回目以降もトリガーポイントと鍼の施術を受けています。

2週間でPSは0まで落ち、仕事中に痛みがなくなりました。

テーピングは途中でかゆみが出てきてしまったのでサポーターをつけてもらっています。

施術内容

トリガーポイント療法

テーピング

サポーター

まとめ

痛みが出てからの来院が早かったため、改善までの時間も早かったです。

また、自宅でもテーピングやサポーターをしてもらえたことも改善への早道でした。

ばね指は動かさないことが1番の解決策ですが、仕事などでなかなか難しいので今後はサポーターをつけて動きを制限するなど予防してもらいたいです。

ばね指について詳しくはこちら

ばね指

この記事に関する関連記事