膝痛の症例➀「マラソン大会に向けて短期間で改善したい」

患者様

男性 20代 男性

症状

フルマラソンの大会に出場後、膝に痛みを感じるようになった。

歩行時にも痛みがあり、しゃがむことも困難なほどの痛みだった。

以前にも痛みがあったがここまでの痛みはなかった。

約一か月半後にもフルマラソンが控えていたため、職場の近くで探して来院。

主訴

歩行時痛

しゃがめない

症状改善後の目標

まずは約1か月半後のフルマラソンで完走すること。

その後もマラソンをしても痛みが出ないようにしたい。

施術内容と経過

初回施術

初回は可動域制限もあり、左右で屈曲の差がかなりあった。

検査してみると靭帯や半月板には問題はなかった。

しかし、身体の歪みが強く左の骨盤が上がっていたため走ると骨盤が上がっている分膝への衝撃が強く負担がかかっていることがわかった。

初回施術としては、内転筋、大腿四頭筋、ハムストリングスのトリガーポイント療法をメインに行い、ストレッチ指導をし、歩行時に負担を減らすためのテーピングを行った。

今だけではなく、今後も痛みを出したくないという患者様の意思があったため、初回から骨盤の矯正も行った。

2回目

初回に比べると可動域は改善した。

しかししゃがむなど荷重がかかると痛みを感じる。

まだ筋緊張が強かったため、トリガーポイント療法をしっかりやりながらストレッチを行った。

また、歩行時痛があり歩き方も多少不自然だったため足底にも負担がかかっていたので足底の施術も行った。

足底の施術後は歩きやすくなった。

テーピングと骨盤矯正は引き続き行った。

3回目以降

自宅でのストレッチを患者様がかなり頑張ってくださったこともあり、筋緊張の改善は早かった。

3週間ほどで痛みが落ち着いてきたので、テーピングをしながら軽く走ってもらうようにした。

走った後はアイシングを必ずしてもらい、毎日ストレッチも欠かさずに行ってもらった。

骨盤矯正もしていたため、以前より走りやすいとのことだった。

不安は少し残りつつも1か月半後のフルマラソンでは完走することができた。

その後は痛みも落ち着き、1年後の同じ大会では30分以上もタイムを縮めて走ることができた。

同時に施術した症状

骨盤の歪み

腰痛

ハムストリングスの疲れやすさ

施術内容

トリガーポイント療法

ストレッチ指導

骨盤矯正

テーピング

まとめ

痛みが出てからすぐに来院してもらえたことと、患者様自身が積極的にストレッチをしてくださったおかげで改善が早かった。

その後も骨盤矯正を行って、身体のバランスが良くなりもともとの腰痛も改善した。

今後も自己ベスト更新を目指して頑張っていただきたい。

またサポートも全力で行いたい。

膝痛について詳しくはこちら

膝痛