TEL

首の痛み

2018.07.17 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,首痛

みなさんこんにちは。

本日は首の痛みについてお話します。

近年、パソコンやスマホが普及してきたことによりストレートネックの方が増えてきています。
ストレートネックとは、ゆるやかにカーブしているはずの頸椎が、首を前に出した姿勢を続けたことによって、まっすぐになってしまった状態です。

ストレートネックかどうかは、レントゲン検査を受ければすぐにわかりますが、簡単なセルフチェック法もあります。
まず、壁を背にして「気をつけ」の姿勢を取ります。そのとき、後頭部、肩甲骨、お尻、かかとの4ヵ所が特に意識しなくても自然と壁につけば、頸椎は正常な状態です。
もし、後頭部が壁につかなかったり、意識的に首を後ろに倒さないとつかない場合は、ストレートネックの可能性が非常に高いです。

ストレートネックになると、5〜6kgもある頭の重みが頸椎にまともにかかり、首周りにある筋肉や神経にも大きな負担を与えます。
首周りへの負担は、筋肉の疲労となり、首や肩のこりとして感じられます。たかが首こりや肩こり、と思うかもしれませんが、放っておけば咳をしただけでも首に痛みが走るような状態になることもあるので、注意が必要です。

頭の重みで頸椎の関節と関節のすき間が縮まってしまうと、そこに存在する多くの神経が圧迫され、不快な症状が出てきます。
頸椎の上のほうが圧迫されると、耳鳴りやめまい、頭痛、自律神経失調症などにつながります。
また、頸椎の下のほうが圧迫されると、首や肩のこり、手・腕のしびれが出やすくなります。さらに、頸椎と頸椎の間にある椎間板が圧迫されて飛び出すと、頚椎椎間板ヘルニアになるケースもあります。

ストレートネックの予防法は、仰向けで寝ることです。
毎晩の就寝時に、高い枕を使用していると、首や肩の筋肉が緊張し、こりや張りを招きます。なのでできるだけ枕を使わず、あおむけに寝るようにしてみましょう。
今まで高い枕を使っていた人ですと、これだけで首のこりや痛みが緩和することもあります。
高い枕で寝ていた人にとって、最初は違和感があるかもしれません。ストレートネックの人は、特に枕がないと不安感が強いと思います。
ですが枕なしに慣れれば、そのほうが調子がよいことに気付くと思います。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、枕の高さの指導も行っております。

お仕事中の肩こり

2018.07.16 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,肩こり

みなさんこんにちは。

本日は肩こりについてお話します。

みなさんは肩こりに悩まされたりしていませんか。
現代人のほとんどの方が今は肩こりを持っていると言います。
その肩こりのいくつかの原因と、解消方法は本日はご紹介します。

まず、1つめは運動不足。現代、当たり前のようにパソコンやスマートフォンが普及し運動する機会が減ってきています。また、働き過ぎと言われる日本人だからこそ、自分で運動の時間を作ることは、なかなか難しくなってきています。
ですが、運動不足になると肩回りの筋肉が活動する機会がなくなり、常に同じ姿勢でいることによって筋肉が過度に緊張状態となり、凝り固まってしまいます。

また、パソコンやスマートフォンの普及は「不良姿勢」も引き起こします。
これが2つ目の原因です。本来であれば人の背骨は横から見るとS字カーブを描いています。それが画面を凝視することで視線や頭が落ち、それを支えるために首から肩にかけての筋肉が頑張らなければならなくなります。いわゆる猫背姿勢になってしまいます。

3つ目は「冷え性」です。女性に多いと思われがちですが、冷房の効いている室内で仕事をするサラリーマンの男性にも冷え性は多いと言われています。冷えは末端だけでなく、より深部の内蔵の冷えも引き起こします。特に夏場は冷たい物を飲食し内臓を冷やす機会も多くなります。血流が滞り肩回りの血流も悪くなることにより、肩こりが引き起こされます。

ではそんな肩こりを解消するためには何をするべきでしょうか。
まずは頻繁に肩回りを動かすことです。最近話題の「肩甲骨はがし」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。肩甲骨には多くの筋肉が付着しており、その筋肉をいかにほぐすかというのがポイントになってきます。
常にパソコンやスマートフォンに釘付けになるのではなく頻繁に腕や首、特に肩甲骨を意識して動かすことが大切です。猫背になればなるほど肩甲骨が外側に開いた形になります。頭を起こして胸を張るようにし左右の肩甲骨を内側に寄せるようにイメージしましょう。 また、肩甲骨を正しい位置に戻すためにお勧めなのがストレッチです。

また、寝ている際の枕は適切か寝方も意識してみてください。枕が高すぎると首が前に出た姿勢となり、枕が全くない状態でもきれいな頸椎のカーブを保てなくなってしまいます。
姿勢のみではなく、ストレス解消にも睡眠の質は大いに関係します。
自分が最もリラックスできる寝方を見つけてみてください。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、肩こりの治療を得意とするスタッフがいます!

ストレスを感じさせない

2018.07.09 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,肩こり

みなさんこんにちは!

本日は「ストレスが原因でおこる肩こり」についてお話ししていきます。

みなさんの中でストレスは感じている方はいません?
おそらく、ほとんどの方がなんかしらのストレスを感じているかと思います。

「私は大丈夫!」と思っているそこのあなた!!

ストレスを甘くみてはいけません。

ストレスは積み重なっていくものです。

今は大丈夫でも、日々のストレスが強くなっていけば全身の筋肉が緊張し、肩こりの原因である抗重力筋の緊張も起こしてしまいます。

さらに強いストレスが加わると、血管を収縮させ筋肉内で血流制限が起こり、筋疲労から肩こりになることがあります。

抗重力筋とは、地球の重力に対して立位や座位などの姿勢を保持する筋肉のことを言います。
これは、運動など体を動かしているときに働くわけではなく、無意識に姿勢を保持しているときに働いている筋肉です。

ストレスは交感神経を刺激するので常に戦闘モードになってしまいます。
交感神経の興奮は、喧嘩にたとえるとわかりやすいかと思います。
眼を見開く、血圧が上がる、心拍数が上がるなどがあります。

肩こりを解消するためには、ストレスを軽減させて身体に休息を与えることが大切です。波の音を聞く、好きな音楽を聴くなどなどなんでもいいです。
自分のリラックスできる場で落ち着けることをするとストレスが軽減されて身体も楽になるでしょう!

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、肩こりの原因であるトリガーポイントをつぶす治療も行っています。

ぎっくり腰

2018.07.07 | Category: ぎっくり腰,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町

みなさんこんにちは。
本日はぎっくり腰についてお話しをしたいと思います。
ぎっくり腰とは中腰で重いものを持ち上げた時や顔を洗って身体を起こしたとき、くしゃみをしたときなど腰に急な力が加わったときに多く起こります。
正式名称は急性腰痛と言います。
主な原因は腰の筋肉が固まってしまっていること、日ごろから腰に負担がかかってしまっていることなどがあげられます。
ぎっくり腰になるとほとんどの方が激痛でその場から動けなくなります。やっとの思いで動けても次の動作に移る度に恐る恐るゆっくりでないと動けません。欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれているそうです。
それほど痛みが強く、生活に支障をきたす疾患です。
予防としては、常日ごろから身体を動かすこと、ストレッチをするなどして柔軟性をつけましょう。
もう一つは床の物を拾うときは腰を曲げるのではなく、膝を曲げて腰を落として物を拾うようにしましょう。腰に対する負担が減るためぎっくり腰になる確率が減ります。
筋肉に柔軟性があれば急な力が腰に加わったとしても腰を痛め辛いので、適度な運動を日ごろから行うようにしましょう。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院には、ぎっくり腰でお悩み方がたくさん来ていただいております。

首の痛み

2018.07.06 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,首痛

みなさんこんにちは!
みなさんの中で首に痛みを感じている方はいませんか?
首の痛みは、筋肉のハリ感が強くなってしまって起こるものもあれば、病気や疾患からくるものもあります。
今回はその中で、ヘルニアと狭窄症についてお話ししていきたいと思います。
頚椎ヘルニア
首の痛みや手のしびれなどにつながる症状で、椎間板という椎体(背骨の一部)と椎体の間にあるクッ
ション材(軟骨)が潰されて真ん中にある核(髄核)が飛び出し、神経を圧迫している状態です。首には
上肢(肩から手)につながる神経もあり、そこを髄核が圧迫すると片側(圧迫されている側)の手や肩や
腕にしびれの症状が出ます。椎間板が潰される原因として、首周辺の筋肉の緊張が強いため常に圧力が
掛かっている場合、軟骨が劣化し髄核が飛び出ることもあります。筋肉の緊張が長時間続く場合には
注意が必要です。
頸部脊柱管狭窄症
椎骨(背骨)のまん中には椎孔という穴があり、椎骨が連なることにより、脊柱管という神経幹が通る
道が形成されています。
その脊柱管は椎骨と椎骨のズレ(正常な並びより前後にズレる)によって狭窄(狭くなる)する場合と、
筋肉の衰えによってそれを補うために椎骨と椎骨を繋ぐ靭帯(黄色靭帯)が太くなり、その結果、神経幹が
圧迫されて首や手足の痛み、手足のしびれ、歩行障害など様々な症状につながる原因となります。
頸部脊柱管狭窄症は首の後ろ側の筋肉の緊張が続くことが原因で起こることもあるので首の筋肉の
緊張が強い方は特に注意が必要です。
千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、では、このような疾患の方の治療も行っております。

レンタカーでの事故

2018.07.05 | Category: 交通事故,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町

みなさんこんにちは!

これから夏休みに入り、遠出をする機会が増えると思います。
そんなときに事故を起こしたくないですよね?

今日は交通事故についてお話ししていきたいと思います。

みなさんは今までに自分自身・ご家族の方・親戚の方・お友達の方
で交通事故に遭われたなどの経験はありますか?

自分自身のお車やレンタカーで走行中に交通事故を起こしてしまう。

どんな場合でもまずはお身体の治療が最優先!
怪我を後回しにしてしまうと後々辛い思いをします。

そんなことのないように、まずは整骨院に相談されてはいかがですか?

少しでも皆さんの力になれるように対応させて頂きます。

レンタカーでの事故を起こしてしまった場合には保険会社にまずは連絡し、その後レンタルしたお店にも連絡する必要があります。

レンタカー専用の事故受付センターもございますので、まずは相談されてはいかがですか?

レンタカーで加入された保険のプランによっては治療費なども出る可能性があります。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、交通事故治療を行っております。
また、窓口負担は0円で行っています!

位置にちでも早く痛みを取り除くために、ご相談ください。

また、交通事故に強い弁護士の先生の紹介も行っています。

デスクワークに多いです

2018.07.04 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

みなさんこんにちは!

腰が痛いとやる気が起きませんよね?

本日はデスクワークをしている方がよく起こる腰痛に関してお話ししていきたいと思います。

長時間座りっぱなしで同じ姿勢が続いているとだんだんと腰が重だるくなってくるなんてことはありませんか?

これは、骨盤が後傾してしまっており、腹筋に力が入っておらず、いわゆる腰が丸くなってしまっている状態です。
この姿勢が続いてしまうと腰の筋肉は常に伸ばされ負担が多くかかります。

最初はなにも感じず過ごせているかもしれませんが、時間や日にちが経つにつれてより筋肉は疲労し徐々に痛みに変わっていきます。

筋、筋膜性腰痛と言われるもののことを言います。

同じ姿勢が続いて筋肉に硬さが出ていることに原因があるので、適度な運動を心がけましょう!
1時間に一回は立ち上がるなどの工夫をお願いします!

仕事中で運動が難しいのであれば少しお手洗いに立つなどしてこまめに身体を動かしてあげることをお勧めします。
そうすることで腰の痛みを和らげることができます。
また、臀部のストレッチを行うことも効果的です。
腰にある筋肉は短く小さいため、すぐに緊張してしまい痛みに変わってしまいます。
腰のすとれ地は難しいので、背中や臀部のストレッチをすることで、やわらぎます。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院で腰痛を一緒によくしていきませんか?

首の痛みは色々です!

2018.07.03 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,首痛

みなさんこんにちは。

本日は首の痛みについてお話します。

首の痛みといっても痛み方や痛みの原因はたくさんあります。
その中でいくつか挙げてお話したいと思います。

1つ目
ストレートネック
ストレートネックとはゆるやかにカーブをしている頚椎が首を前に出し続けた姿勢を続けたことによってまっすぐになってしまった状態です。
レントゲン検査を行えばすぐにわかることができます。
ストレートネックになるとボーリングの球ほどの重さがある頭が前にいくことになり、首まわりの筋肉や神経に大きな負担がかかります。
この負担が筋肉の疲労となり、肩こりや首の痛みにつながります。

2つ目
頚椎椎間板ヘルニア
椎間板にはゼリー状の物質が真ん中に詰まっていてクッションの役割をしています。
加齢により椎間板の柔軟性が低下するもの、不良姿勢で椎間板が変形してしまったものなど原因は様々ありますが、この椎間板が神経や脊髄を圧迫することによって手や腕が痺れる、感覚異常、首や肩の痛みに繋がります。

3つ目
頚椎症
加齢などで椎間板の柔軟性が低下すると、骨と骨の間のクッションが弱くなり頚椎に負担がかかって変形を起こしやすくなります。
変形してしまった結果、首から腕に伸びている神経が圧迫されて腕や手が痺るといった症状のほか、感覚異常、手を動かし辛い、首、肩の痛みにつながります。

首の痛みの治療法は様々ありますが、初期段階であれば日常生活を見直しましょう。
普段パソコンやスマートフォンを長く見ている方は要注意です。
下を長く見ている時間が長ければ長いほど首に対する負担は大きくなります。
なるべく高い位置で画面を見るようにしましょう。
ほかにも枕が高い方は首の負担は大きくなるので、なるべく枕を無くすか低いものを選びましょう。
最初は違和感があるかもしれませんが、次第に慣れてきて起床時には首のスッキリ感があるかもしれません。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院で首をすっきリしませんか?

肩こり解消法

2018.07.02 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,肩こり

みなさんこんにちは。

本日は肩こりについてお話します。

みなさんは肩こりに悩まされたりしていませんか。
現代人のほとんどの方が今は肩こりを持っていると言います。
その肩こりのいくつかの原因と、解消方法は本日はご紹介します。

まず運動不足です。現代、当たり前のようにパソコンやスマートフォンが普及し運動する機会が減ってきています。また、働き過ぎと言われる日本人だからこそ、自分で運動の時間を作ることは、なかなか難しくなってきています。
ですが、運動不足になると肩回りの筋肉が活動する機会がなくなり、常に同じ姿勢でいることによって筋肉が過度に緊張状態となり、凝り固まってしまいます。

「冷え性」も原因の一つです。女性に多いと思われがちですが、冷房の効いている室内で仕事をするサラリーマンの男性にも冷え性は多いと言われています。冷えは末端だけでなく、より深部の内蔵の冷えも引き起こします。特に夏場は冷たい物を飲食し内臓を冷やす機会も多くなります。血流が滞り肩回りの血流も悪くなることにより、肩こりが引き起こされます。

ではそんな肩こりを解消するためには何をするべきでしょうか。
まずは頻繁に肩回りを動かすことです。最近話題の「肩甲骨はがし」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。肩甲骨には多くの筋肉が付着しており、その筋肉をいかにほぐすかというのがポイントになってきます。
常にパソコンやスマートフォンに釘付けになるのではなく頻繁に腕や首、特に肩甲骨を意識して動かすことが大切です。猫背になればなるほど肩甲骨が外側に開いた形になります。頭を起こして胸を張るようにし左右の肩甲骨を内側に寄せるようにイメージしましょう。 また、肩甲骨を正しい位置に戻すためにお勧めなのがストレッチです。

また、寝ている際の枕は適切か寝方も意識してみてください。枕が高すぎると首が前に出た姿勢となり、枕が全くない状態でもきれいな頸椎のカーブを保てなくなってしまいます。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、肩こりを1日でも早く良くするために治療を行っております。

仕事にょる腰の痛み

2018.06.28 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

みなさんこんにちは!

腰痛の大部分を占めるのは、「非特異的腰痛」と呼ばれ、変形性腰椎症、腰椎椎間板症、腰椎すべり症、筋膜性腰痛、ぎっくり腰という病名がつくことが多いです。
要するに、原因がよくわからない腰痛という意味です。

背骨は、椎骨という短い骨が連なってできています。椎骨と椎骨の間には、クッション役をする椎間板が挟まっています。その椎間板の中央にあるのが、ゼリー状の髄核です。 髄核の周囲は、線維輪という硬い組織で囲まれていますが、中にある髄核は、姿勢の変化や動作で移動しやすい性質を持っています。

パソコン作業やデスクワークなどで長時間前かがみの姿勢を続けたり、もともとネコ背だったり、体の前で重い荷物を持ったりすると、髄核は椎間板の後ろ側に向かってずれてきます。
長時間立ち仕事をしたり、歩いたり、腰を反り気味に立つクセがあったりすると、椎間板の前側に向かってずれます。左右に偏った動作を続けたり、姿勢がゆがんでいたりすると、左右にずれることもあります。
ずれを放置したまま腰への負担を重ねると、ギックリ腰などの本格的な腰痛、重い腰痛へとつながります。また、ずれたまま安静にすると、かえってその状態で固まってしまうので、よくありません。

運動をするにあたり、腰を①軽くそる。②椅子に座って前に倒れる。③壁を使いながら横に倒れる。
この3つの運動を行うことによって腰痛が改善されていきます。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、トレーニングの方法などもお伝えしております。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日