TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2018 6月の記事一覧

仕事にょる腰の痛み

2018.06.28 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

みなさんこんにちは!

腰痛の大部分を占めるのは、「非特異的腰痛」と呼ばれ、変形性腰椎症、腰椎椎間板症、腰椎すべり症、筋膜性腰痛、ぎっくり腰という病名がつくことが多いです。
要するに、原因がよくわからない腰痛という意味です。

背骨は、椎骨という短い骨が連なってできています。椎骨と椎骨の間には、クッション役をする椎間板が挟まっています。その椎間板の中央にあるのが、ゼリー状の髄核です。 髄核の周囲は、線維輪という硬い組織で囲まれていますが、中にある髄核は、姿勢の変化や動作で移動しやすい性質を持っています。

パソコン作業やデスクワークなどで長時間前かがみの姿勢を続けたり、もともとネコ背だったり、体の前で重い荷物を持ったりすると、髄核は椎間板の後ろ側に向かってずれてきます。
長時間立ち仕事をしたり、歩いたり、腰を反り気味に立つクセがあったりすると、椎間板の前側に向かってずれます。左右に偏った動作を続けたり、姿勢がゆがんでいたりすると、左右にずれることもあります。
ずれを放置したまま腰への負担を重ねると、ギックリ腰などの本格的な腰痛、重い腰痛へとつながります。また、ずれたまま安静にすると、かえってその状態で固まってしまうので、よくありません。

運動をするにあたり、腰を①軽くそる。②椅子に座って前に倒れる。③壁を使いながら横に倒れる。
この3つの運動を行うことによって腰痛が改善されていきます。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、トレーニングの方法などもお伝えしております。

ストレートネックとは?

2018.06.28 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,首痛

みなさんこんにちは!

本日は「ストレートネックが原因で起こる首の痛み」についてお話ししていきたいと思います。

みなさんストレートネックというものをご存知ですか?

通常であれば首から腰までの骨(脊柱)は横から見るときれいなS字を描いています。

頚椎は前弯、胸椎は後弯、腰椎は前弯といったようになっています。
これを「生理的弯曲」といいます。

しかし、パソコン作業や本を毎日たくさん読むことなど首が前に倒れるようなことを長時間行なっていることにより首の骨は次第に歪み、ストレートネックといって頚椎が後弯してきてレントゲンで撮ると真っ直ぐになっているような状態を確認できます。
ストレートネックの方は近年増えてきています。
また、横から見た時に肩よりも頭が前に出ていることがあります。

このストレートネックがある方は正常な方よりも肩こりしやすく、首も痛みが出やすい方が多いです。

一度ストレートネックになってしまうと治すことはできません。
ですが進行を止めることや、予防することはできます!

極力下を向いて作業することを少なくすることが予防や悪化を防ぐことにつながります。

長時間のパソコン作業やスマホの見過ぎはストレートネックにかなり影響してきます。
長時間ずっと見続けるのではなく、休み休み見るようにして首の負担を減らしましょう。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、首の痛みを取り除くため、姿勢の改善をするための治療を行っています。

証明書が必要です

2018.06.28 | Category: 交通事故,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町

こんにちは!

みなさんは交通事故に遭ってしまった時、証明が必要なことをご存じですか?
交通事故に遭ってしまった時に、それを証明してくれるのが「交通事故証明書」です。

交通事故証明書とは、これは交通事故が起きた事実を警察が証明する書類のことです。
例えば人身事故の場合、被害者は自賠責保険の被害者救済手続きを行う際にこの書類が必要になってきます。

この書類には以下のことが記載されています。
・事故の発生日時
・事故の発生場所
・当事者の氏名、住所
・相手方の自賠責保険会社、証明書番号
です。
では、どうすれば取得できるのでしょうか?

取得するためには、警察への届け出が必要になります。

この届け出がないと交通事故証明書の発行はできないので、必ず警察へ連絡することが必要です!
そして、しっかり対応してもらうようにしましょう。

また、申請できる人は限られており下記に該当する方のみ申請できます。
・当該交通事故の加害者
・当該交通事故の被害者
・損害賠償の請求権のある親族
・保険の受取人
となっています。

交通事故証明書は、治療を受けるためにも、様々な補償を受けるためにも必要なものになります。

届け出をすれば、インターネットからも申請が可能になっているので、もし事故に遭ってしまった場合は忘れずしっかり行っていきましょう。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、交通事故での相談を承っています。

腰痛によって出る疾患

2018.06.27 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

腰痛とは男性では1番目、女性は肩こりの次に訴える症状とされています。その数は年々増加傾向にあります。腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。腰痛の多くは、腰椎に負担がかかったり障害が起きることで発症しますが、その他にもさまざまな要因が腰椎の発症に関係しています。原因が特定できるのはわずか15%程度と言われています。

腰痛の主な原因の一つは、私たちが痛みを感じる時の身体の仕組みにあるとされています。体の各部位で痛みの刺激が発生すると痛みの情報を伝える機能がはたらき、痛みの情報が神経を通って中継点となる脊髄まで伝えられます。その情報がさらに脳まで伝えられて初めて痛い!苦痛だと感じます。反対に、痛みを抑える神経による痛みの情報が伝わるのを抑える機能もあります。例えば私たちが物事に集中しているときや興奮状態のときは、痛みが軽減したり、そもそも痛みに気づかなかったりします。

腰椎が直接障害される圧迫骨折や、椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄などがありますが、その他、細菌感染やがん、臓器や血管などの病気が原因となり、腰椎を引き起こされます。一方、残りの85%は、レントゲンなどの検査をしても原因が特定できないといわれています。このような腰痛では、生活習慣、ストレスや不安、不眠など心の状態が影響していることもあります。また、見た目にはわからない神経の障害によって痛みが生じることもあります。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、腰痛治療を行い快適になっていただくためのおてつだいをしております。

首のヘルニア

2018.06.26 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,首痛

みなさんこんにちは!

なんだか首が痛い、重だるいなと思われている方はいませんか?

本日は首の痛みについてお話していきたいと思います。

首の痛みの1つである頚椎ヘルニアをご存知ですか?

ヘルニアとは、脱出する、飛び出るといった意味があります。
椎間板が後方に突出した状態のことを言います。

頚椎ヘルニアの原因はなんだと思いますか??
様々ありますが、主にストレートネックが原因と言われています。
ほかにも、スポーツなどで椎間板が痛んだり、加齢によってもろくなることで傷ついてしまったのが原因と言われています。

ストレートネックがなぜヘルニアになってしまうのか?
首はもともと弯曲しています。それがストレートネックになってしまうと、首の背骨部分が真っ直ぐになってしまうことによって、関節の間の椎間板に負担がかかり飛び出してしまうことで神経を刺激して痛みが出てしまうからです。
このように聞くと、ストレートネックも侮れないですよね?
当院ではそんなストレートネックを改善していく治療も行なっております!

関節内矯正と言ってまっすぐになってしまった首のアライメントを出すために治療法です。

気になる方はお気軽に千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院にご相談ください!

肩こりが悪化しないように

2018.06.25 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,肩こり

みなさんこんにちは!

肩こりに悩まされる人の多くが、なかなか改善できない痛みや不調に苦しんでいます。
肩こりが悪化すると、肩のこりだけでなく頭痛や吐き気を引き起こすこともあります。

今回は、肩こりについてお話していきたいと思います。

肩こりが悪化すると、肩だけでなく鎖骨、肩甲骨、首などの周辺の筋肉の血流が悪くなるため首の可動域が悪く動かしにくく首肩にハリ感を感じやすくなる事や 肩関節に炎症を起こして肩を動かしにくくなり「四十肩」のような症状を引き起こしてしまう場合があります。
目の疲れが肩こりの原因となっている場合、目の奥や周りにある筋肉が自律神経と深いかかわりを持っており、気分が上がらなっかたりうつ状態を招いたり自律神経失調症などの症状を引き起こす場合もあります。
自律神経の乱れは、めまい・頭痛・吐き気などを引き起こす原因にもなるので、これらの症状を悪化させないためには、早期に肩こりを改善することが重要です。
肩こりを改善しにくい状態にしたり、症状を悪化させやすい習慣には注意が必要です。知らずに行っていれば、いつまでたっても肩こりを改善しにくいばかりか、痛みを全身へと広げてしまう可能性もあります。

このような症状になってしまう前に、千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院で肩こりの治療をしませんか?

肩のゆるみ

2018.06.23 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,肩こり

みなさんこんにちは!

今回は肩の痛みについてお話ししていきたいと思います。

普段カバンなどは肩から掛けますか?それとも手持ちですか?
そのカバン1つで肩の痛みが違ってきます。
たまに痛みや重だるさを感じたことがある方!

その症状は、肩関節の不安定症があるかもしれません。

外傷性や、反復性といったものではなく、肩関節の構成骨や肩甲帯筋に明らかな異常がないのにも関わらず、肩関節に動揺性を認める不安定症を「動揺性肩関節」といいます。

この症状は若年者や女性、投球やバレーのスパイクなどのオーバーアーム動作を行うスポーツ選手などに多いと言われています。
肩に緩みなどが出てしまうと、「ケガかな?」「おかしいのかな」と思いますが、そうではなく両側性になります。

どうしてこのような症状が出てしまうのでしょう?
持ち上げる動作や上腕の牽引動作、スポーツ活動による使いすぎなど軽微な外力により、疼痛、だるさ、不安定感を訴え発症する場合があります。
動揺性肩関節は関節窩の形成不全、コラーゲンの代謝異常などの原因が考えられますが、明らかな原因は不明であり特発性といえます。

このような症状が出た場合は、トレーニングを行い、インナーマッスルを鍛えましょう!
インナーマッスルを鍛えることで肩関節がだんだん安定してきます。
トレーニングとしては、地味な動きになってしまいますが、とても大切です!1

肩に緩みや、抜けそうな感じが出てきたら千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院にお任せください。

首痛とは

2018.06.22 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,首痛

みなさんこんにちは!

今回は「首の痛み」についてお話ししていきたいと思います。

首の痛みと漠然と言っても様々ですよね…?
ストレートネックや頚椎ヘルニア、寝違えなど、痛みの出る原因は様々です。
その大部分に関係するのが姿勢です!

姿勢の中でも猫背姿勢が一番の原因になります。
猫背になる悪い習慣は6つあります。
・長時間のパソコンやスマートフォンの操作
・座っている、立っている時間が長い
・運動不足
・自信のなさ
・ストレス
・足を組む、肘をつくといった癖
などです。
みなさんで当てはまる方は多いのではないのでしょうか?

仕事柄、上の2つを改善するのは難しいという方もいらっしゃいますが、運動不足や癖などは改善していくことができます。

姿勢を保つうえで重要になってくるのが『背骨と骨盤のバランス』、そしてそれを保つ『筋肉』が重要になってきます。
まず猫背矯正を始めて、正しい姿勢を身体に記憶させて、そこからトレーニングをして筋肉で支えることができると、正しい姿勢を楽に保つことができます。

千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院では、では、首の痛みを根本的に解決するために、矯正治療なども行なっております!
お困りの方は一度ご相談ください。

事故の計算方法

2018.06.21 | Category: 交通事故,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町

交事故の入通院慰謝料の計算には基準があります。

交通事故に遭ってしまった時、「慰謝料」の話になると思います。
その時、なにを基準に計算して支払われているかご存知ですか?

きっとみなさん、ネットなどで慰謝料について検索しますよね。
ですがたくさんヒットして、ご自身の慰謝料の計算式が分からない方や、それ以前に「賠償金」=「慰謝料」だと勘違いされている方も多くいます。

自賠責基準の慰謝料計算式
入院は入院期間、通院は実通院日数を2倍したものと、治療期間を比べてどちらか少ない日数が適用されます。
自賠責保険の計算基準は法律で決まっており、慰謝料は「1日4200円」となっています。
・実通院日数×2
・医療機関
上記いずれかの少ない方に4200円かけて計算します。

この自賠責基準は保険会社がみなさんに支払う総支払額(治療費、休業損害、通院費、入院慰謝料など)が120万円を超えない場合に限り採用されます。

簡単な慰謝料の計算を面倒に思ってしまうことで、保険会社とのやり取りも面倒になってしまい、行政書士や弁護士などに依頼される方も少なくありません。
ですがこの時点では、専門家は必要ではありません。
しかし、交通事故の賠償問題は「慰謝料の計算」だけではないので、時間や精神的負担の軽減を優先されたい方は、初めから弁護士に相談・依頼されてもいいと思います。

千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院では、交通事故に強い弁護士の先生をご紹介します。

腰の構造

2018.06.20 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

みなさんこんにちは!
今日は腰痛についてお話しをします。

私たちの姿勢を維持している骨の中心となるのが脊椎です。
この脊椎から数多くの骨格が広がり、体を構成しています。
脊椎は24個の骨の結合体でその間に椎間板と呼ばれる衝撃を吸収するためのクッションの役割をする軟部組織があります。腰の構造はこの脊椎の一部になっています。

腰痛が起こる要因にはさまざまありますが、中でも次のような方にみられます。
・先天的に骨格に異常がある人
・骨の形、配列に問題がある人
・椎間板ヘルニア
・華奢な人
・筋肉のアンバランス
・腰に負担のかかる動作が多い人
・座りっぱなし、立ちっぱなしなど同じ姿勢が長時間続く習慣がある人

また、姿勢や筋肉の問題だけでなく、「腰痛がおこる疾患」というのもあります。
腰椎椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症
腰椎分離症
股関節疾患
梨状筋症候群
側弯症
などがあります。

腰痛を改善するのに有効と言われている一つに「腰痛体操」というものがあります。
まず、仰向けになり膝を立てます。そのまま腰を動かさずに、膝だけ左右にゆっくりと振ります。左側が床についたら今度は右側というように、膝を180度の範囲で動かします。この時大事なのは、ちょうどちょうど腰のあたりがほぐれて気持ちくらいがちょうどいいです。

千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院では、腰痛治療を得意とするスタッフがいます。
お気軽にご相談ください。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日