TEL

運行供用者

2018.08.02 | Category: 交通事故,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町

みなさんこんにちは!

本日は、「運行供用者」について説明したいと思います!
そもそも「運行供用者」という意味をご存知ですか?
簡単に説明すると「運転している人」という意味です。しかし、交通事故での自賠法上は「運行供用者」と「運転者」の2つに分けられます。そして、「運行供用者」は保有者と非保有者に分けられます。保有者というのは、その自動車の使用権原があり、自己の為に運転している人の事を言います。非保有者は、自己の為に運転しているという意味では同じですが、泥棒運転者や無断運転者のことを意味します。「運転者」は、他人の為に運転している人。つまりタクシーやバスの運転手などの事を指します。

交通事故の後遺症として、腰痛の1つが挙げられます。その腰痛の原因として、
椎間板ヘルニアです。交通事故に遭った際に強い衝撃が加わってしまい椎間板が本来ある位置からずれてしまい背中や、腰周辺に痛みが生じてしまうことが多いです。交通事故に遭った直後は、あまり痛みを感じない場合が多く、たまにぎっくり腰のような症状が出る場合もありますが、ほとんどの場合が痛みを感じないことが多いので、後遺症にまで発展してしまう場合が多いのです!

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、交通事故の症状を残さないように治療をさせていただいています。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日