TEL

首の痛み

2018.07.17 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,首痛

みなさんこんにちは。

本日は首の痛みについてお話します。

近年、パソコンやスマホが普及してきたことによりストレートネックの方が増えてきています。
ストレートネックとは、ゆるやかにカーブしているはずの頸椎が、首を前に出した姿勢を続けたことによって、まっすぐになってしまった状態です。

ストレートネックかどうかは、レントゲン検査を受ければすぐにわかりますが、簡単なセルフチェック法もあります。
まず、壁を背にして「気をつけ」の姿勢を取ります。そのとき、後頭部、肩甲骨、お尻、かかとの4ヵ所が特に意識しなくても自然と壁につけば、頸椎は正常な状態です。
もし、後頭部が壁につかなかったり、意識的に首を後ろに倒さないとつかない場合は、ストレートネックの可能性が非常に高いです。

ストレートネックになると、5〜6kgもある頭の重みが頸椎にまともにかかり、首周りにある筋肉や神経にも大きな負担を与えます。
首周りへの負担は、筋肉の疲労となり、首や肩のこりとして感じられます。たかが首こりや肩こり、と思うかもしれませんが、放っておけば咳をしただけでも首に痛みが走るような状態になることもあるので、注意が必要です。

頭の重みで頸椎の関節と関節のすき間が縮まってしまうと、そこに存在する多くの神経が圧迫され、不快な症状が出てきます。
頸椎の上のほうが圧迫されると、耳鳴りやめまい、頭痛、自律神経失調症などにつながります。
また、頸椎の下のほうが圧迫されると、首や肩のこり、手・腕のしびれが出やすくなります。さらに、頸椎と頸椎の間にある椎間板が圧迫されて飛び出すと、頚椎椎間板ヘルニアになるケースもあります。

ストレートネックの予防法は、仰向けで寝ることです。
毎晩の就寝時に、高い枕を使用していると、首や肩の筋肉が緊張し、こりや張りを招きます。なのでできるだけ枕を使わず、あおむけに寝るようにしてみましょう。
今まで高い枕を使っていた人ですと、これだけで首のこりや痛みが緩和することもあります。
高い枕で寝ていた人にとって、最初は違和感があるかもしれません。ストレートネックの人は、特に枕がないと不安感が強いと思います。
ですが枕なしに慣れれば、そのほうが調子がよいことに気付くと思います。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院では、枕の高さの指導も行っております。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日