TEL

事故の計算方法

2018.06.21 | Category: 交通事故,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町

交事故の入通院慰謝料の計算には基準があります。

交通事故に遭ってしまった時、「慰謝料」の話になると思います。
その時、なにを基準に計算して支払われているかご存知ですか?

きっとみなさん、ネットなどで慰謝料について検索しますよね。
ですがたくさんヒットして、ご自身の慰謝料の計算式が分からない方や、それ以前に「賠償金」=「慰謝料」だと勘違いされている方も多くいます。

自賠責基準の慰謝料計算式
入院は入院期間、通院は実通院日数を2倍したものと、治療期間を比べてどちらか少ない日数が適用されます。
自賠責保険の計算基準は法律で決まっており、慰謝料は「1日4200円」となっています。
・実通院日数×2
・医療機関
上記いずれかの少ない方に4200円かけて計算します。

この自賠責基準は保険会社がみなさんに支払う総支払額(治療費、休業損害、通院費、入院慰謝料など)が120万円を超えない場合に限り採用されます。

簡単な慰謝料の計算を面倒に思ってしまうことで、保険会社とのやり取りも面倒になってしまい、行政書士や弁護士などに依頼される方も少なくありません。
ですがこの時点では、専門家は必要ではありません。
しかし、交通事故の賠償問題は「慰謝料の計算」だけではないので、時間や精神的負担の軽減を優先されたい方は、初めから弁護士に相談・依頼されてもいいと思います。

千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院では、交通事故に強い弁護士の先生をご紹介します。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日