TEL

加齢による首の痛み

2018.06.15 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,首痛

みなさんこんにちは!

加齢によって首の痛みが増してくることがあります。
今回は「頚椎症」についてお話ししていきたいと思います。

加齢などで椎間板の柔軟性が低下すると、骨と骨の間のクッションが弱くなり頚椎に負担がかかって変形を起こしやすくなります。
変形してしまった結果、首から腕に伸びている神経が圧迫されて腕や手が痺るといった症状のほか、感覚異常、手を動かし辛い、首、肩の痛みにつながります。

しかし、加齢によって頚椎そのものも老化します。
頚椎がすり減ったり、クッションとなっている椎間板の変形が生じると、慢性的な痛みやしびれを起こすようになります。

頚椎の中央には、神経幹である脊髄がとおり、脊髄から枝分かれした神経が肩や腕へとつながっています。
そのため頚椎が変形すると、首の痛みだけでなく、肩の痛みや手のしびれ、あるいは脚のしびれによる歩行障害、さらには排尿障害まで起こすこともあります。

こうした症状が起こるようになると、治療にも長い時間がかかり、ケースによっては手術が必要となります。

できれば初期段階で、早めに対処することが望まれます。

千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院では、首の痛みを取り除くために筋肉の治療や鍼治療を行っております。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日