TEL

ぎっくり腰

2018.05.12 | Category: ぎっくり腰,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

みなさんこんにちは。

本日は腰痛についてお話します。

腰痛と言っても種類がたくさんありますが、本日はギックリ腰についてお話します。

ギックリ腰とは、不自然な姿勢や急な動作などで生じた腰痛で、正式には急性腰痛症と言います。いつ痛めたのか、いつから痛いのかが明確なのが特徴です。

重い荷物を持ち上げた時にギクっとなるイメージが大きいと思いますが、それ以外にも、ゴミを拾おうとして前屈みになる、くしゃみをする、階段を上がるなど、ちょっとした動作で発症することもあります。

主な原因には、長時間の立ち仕事や中腰などの不自然な体勢、姿勢の悪さ、疲労、運動不足、冷え、体のかたさ、ストレスなどがあります。
その中でも、筋肉疲労や背骨のゆがみが蓄積することで起こりやいとされています。
そこに、上記のような動作が引き金となって発症するケース多いですが、もともと腰の病気があり、特に無理な動作をしたわけではないのに急に発症するケースもあります。

ギックリ腰の対応としては、2~3日安静にしていれば徐々に痛みが軽減していくものが多いです。
まずは横になって様子を見ましょう。そのときにやや前屈し、ヒザを曲げて横向きで寝ると、腰への負担が少なくなって痛みが和らぎます。

ギックリ腰にならないためにもまずは予防をしましょう。
長時間の立ち仕事、座り仕事の場合は、時々休憩をとり、体を動かす。
前屈みや中腰の姿勢は腰に一番負担がかかるため、職業上やむを得ない場合は、ストレッチを普段からしっかりと行う。

ギックリ腰になる2〜3日全く動けなくなるので、そうならないためにも普段からストレッチをして予防を心がけましょう。

この時期にぎっくり腰になる方が多いです!
お仕事で急に立ち上がったりしないように気を付けてください。
ぎっくり腰の治療は千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院にお任せください!

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日