TEL

枕の高さ

2018.02.22 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

皆さんこんにちは!

腰痛を引き起こす原因として敷布団にも原因はありますが、実は枕にもあるのです!
枕だと、ついつい首や肩が痛くなってしまうことを考えませんか?
ですが、腰痛を予防するために、「寝返り」が必要になります。

この寝返りをスムーズに行うためには、枕が大事なのです。
枕の高さを作ってみましょう!
1.座布団の上にたたんだバスタオルをのせます。
この時、座布団の端とタオルの端をきちんと合わせ、端っこを直角にします。
2.この角をしっかり肩口に当てた状態で、横向きに寝ます。
これで出来上がりです!

これで、顔の中心を通る線が、布団とほぼ水平になっていればベストな枕の高さになります。
力を入れなくてもコロンと首が回るため、寝返りが打ちやすくなります。

枕の高さは、横向きで寝たときと高さに合わせるといいと言われています。
なぜかというと、この高さは、仰向けになったときにちょうどいい他事カサになるからです。

低反発枕がいいのでは?と思いませんか?
ですが低反発枕は、頭の形に合わせて沈み込みフィットするため、反発力が弱く頭の位置が固定されてしまいます。
個人差はあると思いますが、中には寝返りが打ちにくい場合があります。

腰を痛めないようにするために、枕の高さを変えてみてください!

千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院では、枕の高さの指導をしています。
お気軽にご相談ください。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日