TEL

狭くなって痛みがでる

2018.01.26 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

こんにちは!
腰痛にはお仕事などによる原因のほかにも「疾患」が原因で起こる腰痛があります。
本日は「腰部脊柱管狭窄症」についてお話ししていきたいと思います。

腰部脊柱管狭窄症とは、脊柱管が色々な原因によって狭小化し、馬尾神経というお尻の方にある馬のしっぽ状になっている神経や神経根が圧迫されることにより神経症状を発症する疾患です。

先天性と後天性のものに分けられますが、後天性の場合は変形性脊椎症などの脊柱管周辺の変性や肥厚による脊柱管の狭小化から起こることが多いとされています。

年齢は中高年の方に多く、腰痛や下肢痛、痺れなどがあります。また、ときに膀胱直腸障害を起こすこともあります。
腰部からお尻にかけての神経が圧迫されるため、下肢に神経症状が起こることもあります。
この場合筋力低下や知覚障害を起こします。
ただ、はっきりと出ない場合も多く痛みは動作時に関連して強く出ますが安静にすることにより軽減します。

特徴的な症状としては、「馬尾神経性間欠性跛行」があります。
これは、一定の時間歩くことにより、下肢の痛みや脱力感が起こるため、歩行不能となります。
少し休むことにより歩くことはまたできるようになりますが、一定時間歩くことによって繰り返してしまいます。

この症状を改善するために、軽度な場合は保存療法を行います。
また運動療法やコルセットなどの装具を用いた療法も行います。

腰部の痛みを取り除くためにトリガーポイントマッサージを行っています。
千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院では、痛みのなくなった状態を続けていただくためにも、マッサージだけでなく、運動もお伝えしています。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日