TEL

急に起きた痛み

2018.01.17 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,未分類,淡路町,神田,神田錦町,腰痛

こんにちは!
みなさんは腰痛には急性と慢性の腰痛があることをご存知ですか?

腰痛とは、痛みが続く期間の長さにより、「急性腰痛」と「慢性腰痛」の2つに分けることができます。
本日は「急性腰痛」についてお話ししていきます。
急性腰痛とは「腰に痛みが生じてから、数時間で痛みが治まってしまうもの」をいいます。

特徴としては
①急激で激しい痛み
②安静にすると痛みが徐々に和らぐ
③自然に治る
④腰にははっきりとした異常がみられない
などがあげられます。

急性腰痛の原因としては
・腰の使いすぎによる筋肉疲労
→腰の負担が大きい姿勢や動作、激しい運動を続け、筋肉に疲労がたまることにより筋肉痛、肉離れ、捻挫などを起こします。また、ぎっくり腰のように突然強い痛みを生じる場合もあります。筋肉疲労による腰痛を「筋・筋膜性腰痛」と言います。
・腰椎の変形
→骨や椎間板が老化して形や質が変化し炎症や神経の圧迫がおきます。
腰椎椎間板ヘルニアが代表的な症状です。
・腰のケガ
→腰に一度に大きな衝撃が加わることによって組織が傷つき発生します。
骨折、捻挫、挫傷などが多くあります。また骨粗鬆症によって骨がもろくなった場合、転倒や、咳・くしゃみなどの軽い衝撃でも骨折することがあります。
・内臓の病気や精神的なストレス
→腰以外でも痛みが生じたり、安静にしていても痛みが軽くならないのが特徴です。
不安やストレスで起きる腰痛を心因性腰痛症と言います。

ただの腰痛ではなく病院での検査が必要になってしまう病気があります。
胆石症・尿路結石・化膿性脊椎炎・脊髄腫瘍・子宮内膜症・子宮筋腫・子宮頸管炎などです。

このような病気になる前に千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院にごそうだんください。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日