TEL

なで肩注意!!

2017.11.03 | Category: デスクワーク,内神田,千代田区,外神田,小川町,淡路町,神田,神田錦町,神経症状,肩こり

肩こりの症状として、後頭部〜肩(肩甲骨、鎖骨)にいたる部分にある筋肉が異常に緊張する事によって起こる違和感や痛みなどの症状を言います。
重いものを持とうと力が入った時や、寒さで震えた時などにも起きてきます。

これからの寒い季節は特に注意したいところですね。

 

他に原因としてみられるのがなで肩の人です。

 

なで肩の人は、鎖骨と肩甲骨の位置が本来ある位置よりも、低い位置になってしまっている為、肩の筋肉

が引っ張られてしまったりして、肩まわりに違和感を感じたりします。

 

よく重い荷物を肩にかけている人も鎖骨の位置が下がってしまう為同じ症状がみられます。

重い荷物を肩にかけている方を通勤電車でよく見かけます。

千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院に通われている方も、会議資料やパソコンなどをカバンに入れて、肩から掛けているという方の声を多く聞きます。

 

その症状を放置してしまうと、鎖骨と第一肋骨の間を通っている血管や神経が圧迫されてしまうことで、
手に痺れを感じることがあります。
いわゆる『胸郭出口症候群』という名の症状が出てしまいます。
つり革を持っていると手が痺れてきたり、肩をずっと挙げていると、肩周りがじわ〜と熱くなり痺れ感が出てきたりします。

1日1日ジワジワくるので、違和感を感じたら千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院までお気軽にお問い合わせください。

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日