TEL

肘の痛みの原因

2018.11.30 | Category: ゴルフ肘,内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町

こんにちは。本日はゴルフ肘についてお伝えいたします。

□ゴルフ肘とは?
 ゴルフで無理なスイングを行うことなどにより、上腕骨内側上顆(じょうか)に負担が加わって炎症が起きた状態のことを言います。上腕骨内側上顆炎ともよばれます。その反対側にある上腕骨外側上顆に炎症を起こす「テニス肘」と同様のスポーツ障害の一つです。安静時に痛みを感じることは少ないが、曲げたりひねったりするなどの運動の際に肘の内側に疼痛を伴い、また内側上顆を圧迫すると痛みを感じる方が多い。

□ゴルフ肘の痛みの症状、メカニズム
①肘が内側に曲がった状態で、力を入れて手を握ることが原因
 肘が内側に曲がることで、肘の内側の筋が伸びた状態で、小指や薬指を握る筋肉が過剰に働くと、肘の内側の筋が引っ張られて痛みが発生すると言われています。

②前腕部の過度な筋肉疲労が原因
上腕(前腕部)の筋肉が疲れることによって、その筋肉の付け根である肘に炎症がおきるため、痛みが出るということです。
ゴルフ肘の痛みは、単なる肘の曲げ伸ばしなどでは、ほとんど痛みが出ないというのも特徴です。
ただ、ゴルフスイングなどの特定の動きをしたときや、肘の内側を押したりするとズキーンと傷んだりします。
すごい痛いわけではないけど、不快な痛みがずっと続く・・。
日常生活には問題ないので、医者に行くほどでもないけど、肘に湿布を貼っても痛みは取れない・・・・、ホント、厄介な痛みです。
痛みをそのままにしておくと、場合によっては、肘が痛くてグリップすら握れない・・なんてことにもなりかねません。
あなたがゴルフ肘になったのは、あなたのスイングが原因です。
あなたのスイングを見直してみるのにいい機会かもしれませんね。

千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院で一緒に見直しませんか?

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日