TEL

頭痛の種類

2018.11.28 | Category: 内神田,千代田区,外神田,小川町,整骨院,淡路町,神田,神田錦町,頭痛

1. 頭痛の種類
<片頭痛>
一般的に知られている頭痛です。
何らかの理由で脳の血管が急激に拡張して引き起こります。
脳の血管が拡張することで、周囲の三叉(さんさ)神経を刺激し、刺激で発生する炎症物質がさらに血管を拡張して片頭痛を引き起こします。
ストレスから解放されたときに急激に血管が拡張する心身性のものもあり、仕事のない週末などに起きることが多いようです。

<緊張型頭痛>
頭の横の筋肉や肩や首の筋肉が緊張することで起きます。
筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物が溜まりその周囲の神経が刺激されて起きる痛みです。
精神的・身体的ストレスに原因があることが多く、コンピューター操作などで長時間同じ姿勢をとり続けている人に起こりやすいです。
また、筋肉の緊張ではなく、うつ病など心の病気が原因となる場合もあります。

2. 予防法
<片頭痛>
1) 頭痛日と環境をチェック
人込みや睡眠不足など、どのような環境が重なったときに片頭痛が起きるかを記録しておくことで、原因となる環境を特定し、該当する時期に備えることができます。
2)週末の寝だめは避ける
寝不足、寝過ぎ、疲労、空腹など身体のストレスは片頭痛の引き金となるので避けましょう。
とくに週末の寝だめや二度寝は、空腹と寝過ぎが重なり片頭痛を重くするので注意です。
2)誘発食品を控える
チョコレート、チーズ、ハム、ヨーグルト、赤ワインなどは片頭痛を誘発するといわれています。
これらの食品の摂り過ぎには要注意です。

 <緊張型頭痛>
1)長時間同じ姿勢をとらない
 姿勢を正して、同じ姿勢で長時間の作業をしないようにしましょう。
2)肩、首の血行をアップ
  ストレッチを行い肩や首の筋肉の緊張をほぐしましょう。
3)枕の高さを調整
  高すぎる、柔らかい枕は首の負担となり、知らず知らずのうちに筋肉を緊張させてしまいます。高過ぎず、柔らかすぎない自分に合った枕を選ぶことで予防ができます。
千代田区・内神田にある、神田鍼灸整骨院で頭痛知らずのお体になりませんか?

アクセスマップ

所在地東京都千代田区内神田2-9-13 オールビル3F
電話番号03-6874-4596
予約交通事故の方のみ当日予約あり
休診日土曜午後・日曜・祝日