TEL

ランニング

ランニングでの痛みを早期改善し、痛みなくランニングができる様にしましょう。

朝活などでランニングを始める方が多く、ランニングをされてる方の人口も増えてきています。神田には皇居も近くにありランニングしやすい環境は整っていると思います。そんな中ランニングをしていて膝や足首など痛くなったり違和感を感じるということはないでしょうか?ランニングで起こりうるケガとして考えられるのは『肉離れ』『捻挫』などの急性外傷などがあり『腸脛靭帯炎』『鵞足炎』『膝蓋靭帯炎』『足底筋膜炎』『シンスプリント』など繰り返しの動作による亜急性外傷があります。痛みや違和感を感じたら千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院にご相談ください。

ランニングで発生する最も多いケガ

ランニングをされてる方で最も多いのが腸脛靭帯炎です。通称(ランナー膝)とも言われています。症状としては太ももの外側が痛くなる症状です。原因として過度のランニングによるものが多いです。O脚や体重が外に乗りやすい方に多く発生すると言われています。太ももの外側を覆っている腸脛靭帯と大腿骨といわれる太ももの骨との間で摩擦が起こり炎症が起きてしまいます。千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院ではランナー膝の治療も行っております。

ランニングによるかかとの痛み

ふくらはぎの筋肉は最終的にかかとについてきます。このふくらはぎの筋肉の使い過ぎによって、ふくらはぎが過度に引っ張りあげられてしまいます。この引っ張られることにより、かかとの痛みが発生します。かかとの痛みがありましたら千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院にお任せください。

ランニングによる足裏の痛み

足の裏には指の付け根からかかとに向かい筋膜が張っています。この筋膜に炎症が起こる症状を『足底筋膜炎』といいます。足底筋膜炎になりやすい特徴として扁平足の方が多くみられます。足底筋膜炎もランナー膝などと同様に、使い過ぎから起こるケガのひとつになります。インソールなどを靴に入れて、クッション性を高めるのもオススメです。足裏の痛みにお困りの方は千代田区・内神田の神田鍼灸整骨院で最適な治療をしていきましょう。