TEL

腰周囲からお尻にかけて、または太ももの後ろののシビレ症状は坐骨神経痛と呼ばれます。坐骨神経痛はテレビなどで聞き慣れている方も沢山いらっしゃると思います。
千代田区内神田にある神田鍼灸整骨院にも沢山の坐骨神経痛の患者様が利用されています。

千代田区内神田にある神田鍼灸整骨院では坐骨神経痛は単にお尻が悪いもも裏が悪いのではなく姿勢や歪みが原因となっていることが多いと考えています。坐骨神経痛に姿勢や歪みが原因となっていることが多いと考えているのは当院ぐらいではないでしょうか?

病院などで腰のレントゲンを撮影し坐骨神経痛ですね。と言われ薬や湿布をもらい治して行きましょうと言われた方が多いのでは???

そもそも坐骨神経痛の方の多くが椅子に座りっぱなしや立ち仕事の多い方がなるのにも関わらず湿布や薬で治るのでしょうか?
椅子に座りっぱなしだと梨状筋と言われる臀部の筋肉が圧迫されて梨状筋が神経を刺激し臀部が痛くなってしまいます。
根本的な改善を求めていかなければ一時は楽になるかもしれませんが、少し経つと痛みが再発してしまいます。
坐骨神経痛は様々な腰周囲の症状に併発します。
その坐骨神経痛の大元の原因を治していかなければ坐骨神経痛は改善しません。
この坐骨神経痛の原因を探し当てることが改善の近道です。
・椎間板ヘルニア
・分離症
・すべり症
・脊柱管症候群
・梨状筋症候群
・腫瘍
など坐骨神経痛を引き起こす症状は沢山あります。

千代田区内神田にある当院では原因を見つけ出し患者様に一番最適な治療法をご提案します。コンマ1ミリのレントゲンには写らない歪みやトリガーポイントと言った痛みを出す原因となっている筋肉を独自の検査により見つけ出し改善していきます単にモミモミマッサージだけでなく関節の調整や筋肉の捻れなども改善させ再発させない施術を得意としています。体は精密機械のように複雑な構造で出来ていて小さな歪みや筋肉の不調は徐々に積み重なりいずれは悪化していきます。一度悪化してしまった体は改善するのに時間をかけなければ改善しなくなってしまいます。痛みの原因が根深くなってしまいます。そうなる前に千代田区内神田にある神田鍼灸整骨院へご相談ください。

先ずは腰痛になった時点で危険を感じて下さい。坐骨神経痛へと発展していくことを頭に入れておいて下さい。お尻や太ももが痛くなって痺れてきたら第2ステージだと考えて下さい。同じ体勢や冷えは坐骨神経痛をあっかさせます。さらに坐骨神経痛は足の指に力が入れられなくなるかもしれない。排尿排便の異常が出たら第3ステージになります。そうなる前に千代田区内神田にある神田鍼灸整骨院へご相談ください。きっと改善に向けて出発出来るはずです。